CHN-70とTBW-1000によるTLスピーカーの測定

トランスミッションラインで低域がどこまで出ているのか、

簡単な測定をしてみました。

 

利用したマイク、スペクトラムアナライザ、テストトーンをあげておきます。

iMM-6 iDevice Calibrated Measurement Microphone

AudioTool

60Hz Test Tone

55Hz Test Tone

50Hz Test Tone

 

まず、最終的に、TBW-1000の開口部の底面に

50mm厚の波形ウレタンフォームを入れました。

これで、およそ45x110x1,700mmの波導管になります。

閉管としての共振周波数は約50Hzとなります。

 

一方で、CHN-70の最低共振周波数は、

F0=71.62Hz となっています。

 

測定としては、単純で、

テストトーンを再生して、

スペクトラムアナライザで

レスポンスを見るというものです。

 

結果として、55Hzまで、

ほぼフラットに再生できることがわかりました。

 

ウッドベースの音程がよくわかります。

 

また、バスレフやバックロードホーンと違って、

空気のバネ要素(空気室)の影響が少なく、

開口部での遅れ要素が共鳴管長と音速によるもの(5ms程度)なので、

ニアフィールドで聴くと、

音像が少し後ろに位置する感じになります。

 

 

CHN-70とTBW-1000によるTLスピーカーの試作

CHN-70TBW-1000によるTLスピーカーの試作をまとめておきます。

 

設計としては、

導管の断面積はSd=50cm^2の、

長さが180cmの気柱管(共振周波数=50Hz)

を狙います。

つまり、ドライバユニットの後ろの9Lの空気を

コントロールすることになります。

 

つぎに、気柱管に生じる、

3次(150Hz),  5次(250Hz)の高調波を吸収して、

バンドパスフィルタを実現する必要があります。

TBW-1000の導管は幅が116mmで、

高さが、45mm, 55mm, 65mmと折り返しごとに、

徐々に広くなっているので、

これを打ち消す程度の厚みの吸音材を貼り付けます。

Sato エプトシーラー EE-1010

Sato カームフレックス F2-PRF13

Sato カームフレックス F2-PRF20

 

また、閉塞端と側面にも定在波を打ち消すために吸音材を貼り付けます。

 

最後の開放端の部分は高さが100mmあるので、

いろいろな調整ができますが、

穴あきのダクト用の消音材

50mm厚の波形ウレタンフォームなどを利用します。

 

こちらが、制作中の吸音材の様子です。

 

ドライバユニットを取り付けた後はこちらです。

 

音の方はといいますと、

バスレフ(WK10mFN, P43-123, NF5093)でCHN70を鳴らしたときと比較して、

ベースラインの明瞭感が素晴らしいです。

 

原理的にはヘルムホルツ共鳴閉管共鳴の違いとなります。

 

CHN-70の周波数特性曲線からすると、

聴感としては、

60Hzまではフラットに出ていると思われます。