IRS2092がSiC/GaN D級アンプに使いにくい理由

D級アンプのソリューションとしてポピュラーなIRS2092ですが、

高速SiC/GaN FETディバイス(C3M0280090D, TPH3206PSBなど)に適用しようとすると、

使いにくい点があるので、まとめておきます。

 

まず、動作周波数が800kHzまでというのが、ネックになります。

高速ディバイスを用いて自励発振式で単純に回路を組むと、

容易に1MHzを超えてしまうため、

実回路では対策をしないと動作しません。

 

Si8244は8MHzまで動作します。

 

実際の設計では、スイッチング周波数が2MHzを超えると、

表皮効果によって、スイッチングノードの発熱が大きくなって、

PCBのトレースが2Ozの基板でも焦げてしまうので、

注意が必要です。

 

また、スナバ回路(DCリンク、スイッチングノード、Zobelなど)の

抵抗の発熱も無視できなくなってきます。

 

つぎに、デッドタイムの設定値が4段階(25/40/65/105ns)

しか設定できない点です。

Si8244は0.4nsから1usまで、抵抗値の系列もしくは

ポテンショメータで無段階で設定できます。

 

実際の設計では、

デッドタイムはZVSを達成するために、

スイッチングディバイスに合わせてきめ細かく設定する必要があります。

 

最後に、
自励発振周波数を下げるためには、

プロパゲーションディレイを大きくするのが簡単ですが、

IRS2092はモノリシック構成で、

OTA(エラーアンプ・積分器)、

コンパレータ、

ゲートドライバ(IRS20957S)が

一体となっているため、

積分器の抵抗値とデッドタイムで調整するしかありません。

 

なお、IRS2092のリファレンス・デザインとして、

IRAUDAP7D

が参考になります。

 

これに対して、

ディスクリート(ADA4001-2, LT1713, Si8244など)構成では、

電流モードなど、

多重の状態フィードバックループを含めた対応がとれます。

なお、IRS20957Sによるディスクリート構成のリファレンス・デザインとして、

IRAUDAMP4A

IRAUDAMP6

が参考になります。

 

3レベルPWM D級アンプの試作

3レベルPWM D級アンプを試作しました。

 

主要ディバイスは、

制御用にADA4001-2,

三角波生成用にLT6275,

電流検出にLT1995,

コンパレータにLT1713,

PWMドライバにSi8244,

出力段のSiC MOSFETにC3M0280090D

をそれぞれ使用しています。

 

肝心の音は、

エージングが進んでいる段階ですが、

リファレンスモニタに用いているS-300

ロックコンサートのライブ音源を聴く限り、

自然な感じで色づけのない感じです。

 

ハーフブリッジのGaN電流モードD級アンプとの比較になりますが、

もはやこのレベルになると、

フルブリッジやハーフブリッジなどの

回路方式による音質の違いというのはほとんど感じられません。

 

400Wの出力が必要でない限り回路規模が大きくなるので、

100Wまでならハーフブリッジの電流モードD級アンプで

十分なのかもしれません。

 

電流モードのD級GaN MOSFETアンプのオペアンプとコンパレータ音質比較

 電流モードのD級GaN MOSFETアンプで、

これまでLT1057LT1016で十分満足な音質を得ていますが、

いくつか異なるオペアンプ(ADA4001-2, LT6275)とコンパレータ(LT1713)を入手して聴き比べてみました。

 

まず、LT1057とLT1713の組み合わせです。

コンパレータの伝播遅延の違いがどう出るかという比較です。

結果としては、LT1713にすると音が太くなりました。

LT1057は低音がかなり気持ちいい感じです。

 

つぎに、ADA4001-2とLT1713の組み合わせです。

JFETオペアンプでDCゲイン、GB積、スルーレートの違いがどう出るかという比較です。

ADA4001-2はモニターライクな感じで、緻密な感じになります。

 

最後に、LT6275です。

電流帰還型のBJTオペアンプで、オフセット、GB積、スルーレートの違いがどう出るかという比較です。

これは、かなりいい感じです。

低音だけでなく高音の質感が素晴らしい。

 

SOP(1.27mmピッチ)/MSOP(0.65mmピッチ)の変換基板の半田付けが面倒ですが、

いろいろ試してみる価値はあります。