Teac S-300の改造

30年ほど使っているTeac S-300を改造してみました。

まず、吸音材、端子台、ネットワーク、ケーブルを交換します。

 

オリジナルは、

200x190x30mmのウール状の吸音材、

簡単なねじ式の端子台、

電解コンデンサ(3.3uF 50V BP)とフェライトコアのコイル(0.4mH)による

4.4kH HPF 12dB/Octネットワーク、

AWG 22相当の細いケーブル(0.205 inchおよび0.110 inch Faston)

で構成されています。

 

これらを、以下のような部品に交換します。

Bi-Amp Speaker Terminal Cup Satin Nickel Binding Post Banana Jack

Dayton Audio 4k-HPF-8 High Pass Speaker Crossover 4,000 Hz 12 dB/Octave

Dayton Audio 4k-LPF-8 Low Pass Speaker Crossover 4,000 Hz 12 dB/Octave

VFF0.75 205ファストン付ケーブル30cm

110ファストン端子

エプトシーラー EE-1010

 

端子台を大きなものに変えるため、

エンクロージャ背板の取り付け穴を広げる必要がありますが、

15mm厚のパーチクルボードで非常にもろいので

注意が必要です。

 

部品交換後の様子はこちらです。

吸音材は、天板とユニット下側の

リアバスレフポートの入り口を囲む3面に

貼っています。

 

次に、異音の原因になっている、

経年変化でぼろぼろになった、

ウーファーとツイーターの間の

ウレタンを除去しました。

ツイーターのマグネットの磁界が強力なので、

竹やプラスチックなどの道具で除去しないと危険です。

 

これらの作業の結果、

オリジナルよりも高域の透明感と低域の明瞭感が増して、

全体的にワイドレンジに感じるようになりました。

 

バスレフポートの共振周波数と吸音材の厚み

バスレフスピーカーでは、

吸音材の厚みによってエンクロージャーの容積が減少するので、

バスレフポートの共振周波数は上昇します。

シミュレーションでは以下のような値になります。

共通:FF105WK(Fs=75Hz), WK10mFN, P43-123

吸音材なし:t=15mm, Vo=6.33L, Fd=67Hz

吸音材(EE-1010): t=20mm, Vo=5.31L, Fd=73Hz

吸音材(NF5093): t=25mm, Vo=4.39L, Fd=80Hz

実際の聴感としても、

吸音材の素材の違い(ニードルフェルト、エプトシーラー)による、

音質の変化(バスレフポートや振動板から漏れるエンクロージャー内の定在波など)

もありますが、

バスレフポートの共振周波数と群遅延の変化による影響の方が大きいようです。

 

特に容量の小さいエンクロージャーの場合、

吸音材の厚みおよび体積の影響が大きいので、

注意が必要です。

CHR70とSTBP35によるバスレフスピーカーの試作

CHR70STBP35によるバスレフスピーカーを組んでみました。

エンクロージャーはNC7ベースのものを利用しました。

Vo=10.2L, fd=47Hzとなっています。

吸音材はエプトシーラー(EE-1010)をバッフル面以外の5面に貼っています。

テストトーンによる簡易測定では、55Hzまできちんと出ています。

 

音の印象としては、上から下まで極めてフラットで、モニターとして最適という感じです。

吸音材の効果か、いわゆるメタルコーンの癖のようなものは全く感じられません。

FF105WKの方が、派手な音がします。