D級アンプの出力フィルタの試作その2

D級アンプの出力フィルタのコモンモードチョークをPH9407.504NLTに交換してみました。

あと、NanoVNAを入手したので、NanoVNA Saverによるプロットもあげておきます。

NanoVNAに関しては、この本が参考になります。

NanoVNAで広がるRF測定の世界

NanoVNAによるフィルタの測定
PH9407.504NLT

NanoVNAの測定条件としては、Start: 10kHz, Stop: 1MHz, Segments: 25, Logarithmic Sweep, Band Width: 1000Hzで実施しています。

コモンモードのfcが設計値49kHzに対して、実測では65kHz程度になっているようです。

インダクタンスの誤差が+-35%なので、こんなものかなという感じです。

100kHz以上はNanoVNAのダイナミックレンジの限界(70dB程度)で測定できていない感じです。

実際の音ですが、PH9407.504NLTの方が、PA2756NLに比べて、音が太く、高域もおとなしめで聴きやすいです。

形状としては、PA2756NLは細めのトロイダルに細めの単線、PH9407はセンターポールが太めのER19に太めの単線で、どちらも分割巻です。

オーディオ用途には、低周波での特性が重要なので、磁気部品は太めのコンストラクションの方がよいようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください