遷移モードPFCの回路設計

UCC28056による遷移モードPFCの回路設計をまとめておきます。

 

特徴としては、

CrM(臨界モード)とDCM(不連続導通モード)に

バレースイッチングが組み合わせれているようです。

 

ディバイスとしては、機能の違いや組み合わせで、4種類あるようです。

UCC28056X Selection Guide

 

ZCDをMOSFETのオン抵抗で行う以外に、

PFC Chokeの補助巻線で行う方法もあるようです。

UCC28056x, Using Auxiliary Winding Voltage for Driving ZCD/CSPin

 

回路設計はユーザーガイドなどを参考に、

UCC28056 BEVM-296 Evaluation Module

PFCLLCSREVM034 User Guide

計算ツールで回路定数を決められます。

UCC28056x Design Calculator (Rev. B)

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください