ターゲットカーブとピラミッドバランス

REWのTarget Curve(House Curve)の設定方法をまとめておきます。

 

まず、PreferencesのHouse Curveタブで、周波数とゲインのペアを並べた

テキストファイルを設定できます。

ターゲットカーブは、いろいろあるようですが、

とりあえず、こちらを設定してみます。

The Measurement and Calibration of Sound Reproducing Systems

Target Curves for Dirac Live 2/3

+4dB low frequency boost

 

House Curveを設定後、EQ画面で測定データを開くと、

Target(青)がHOUSEとして表示されます。

House Curveを設定するとTarget Settingsは無視されるようです。

Set target leve, Match responses to targetのリンクをクリックすれば、

Filterの計算が実行されます。

低域を持ち上げて、高域を落とした

いわゆるピラミッドバランスになります。

 

フラットのターゲットカーブでは、

高域がキンキンして、

長時間の音楽鑑賞には堪えないので、

やはり、適切な音場補正は必要です。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください