Fostex FF105WKの周波数特性と音場補正

Fostex FF105WKの周波数特性と音場補正についてまとめておきます。

 

10cmフルレンジ、2層紙コーンとアルミ・リッジドームによるメカニカル2-wayのユニットを

バスレフにしています。

 

REWのEQ画面です。

 

低域のピークは部屋の定在波、1.5kHz周辺の盛り上がりは分割共振と思われます。

93.7Hz, 134.5Hz, 210Hz, 315Hz, 1,501Hzのピークをつぶして、

227Hzを持ち上げるEQになっています。

音は下から上まで元気よく出る感じで、

よいスピーカーに仕上がっています。

高域はリッジドームの軸特性の影響を受けるので、

セッティングとリスニングポジションに注意が必要です。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください