Pioneer S-ST05の改造その4

S-ST05のツイーターですが、

ネオジウムマグネット内磁型で

35KHzまでをカバーしているようです。

 

しかし、もとのネットワーク

(3kHz 6dB/Oct LPF, 20kHz 6dB/Oct HPF)では、

ウーファーとツイーターのかぶりが広すぎて、

今ひとつです。

 

念のため、エッジレス構造のウーファーだけ

ネットワークをスルーで測定してみたところ、

14kHzまで高域が伸びていることがわかりました。

 

実際ウーファーだけで、

フルレンジとして充分に聴ける音です。

 

ということで、ツイーターの低域側をカットすべく、

13kHz 12dB/Oct(1uF, 0.15mH)のHPFを

ツイーターにかける構成にしました。

 

もともと付いている0.41mHのコイルの巻数を減らして、

0.15mHに調整したものと、

もともと付いていた1uFの電解コンデンサとで

構成したHPFをツイーターに、

ウーファーをスルーにするように、

配線を変更しています。

吸音材もニードル・フェルトを

キャビネット上部の空間と

下部のバスレフポートを囲む位置に、

貼ってみました。

 

結果としては、上出来だと思います。

エッジレス・スピーカーの音が

ストレートに出てくる感じです。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください