ONKYO D-N7TXの改造

ONKYO D-N7TXを入手しました。

このスピーカー、かなりいい感じです。

ただ、音量をあげるとややブーミーな感じになります。

というわけで、まずは中身を確認します。

取扱説明書では、クロスオーバー周波数は6kHzとなっていますが、

ネットワークは、2.2uFのコンデンサーによる18kHz, 6dB/Oct HPFです。

フルレンジにスーパーツイーターをのせてる感じです。

リング型ツイーターの音は、

ソフトドームに比べて、はっきり鳴る印象です。

ウーファーはモノコックで、センターキャップがありません。

4Ωのためか、かなりパワー感があります。

エンクロージャー容量も8Lあり、

スリット型のバスレフで、ポートの共振もなく、

余裕の低音です。

音量を上げるとブーミーになる原因は、

バッフル板(22mm厚)以外の板厚が9mmと薄いのと、

ウール系の吸音材を軽く接着しているだけなのが原因だと思われます。

そこで、まずは、吸音材を変えてみました。

後面と側面(1面だけ)に10mm厚のニードルフェルトを、

天面に50mm厚の波形スポンジをそれぞれ貼ってみました。

結果としては、音量をあげても、聞きやすい感じになりました。

今後、4Ω用のネットワークを入手して、

さらに手を入れてみたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください