Pioneer S-ST05の改造

12cm エッジレスウーファーと2.5cmツイーターの

Pioneer S-ST05を入手しました。

 

このスピーカー、大音量だといい感じで鳴るのですが、

小音量だとボーカルが埋もれてしまうような感じです。

 

そこで、まずは分解してみました。

四隅のグリルネットをはめる

プラスチックのブッシュをラジオペンチなどで引き抜くと、

ねじにアクセスできます。

 

フロントバッフルに

ユニット、ネットワーク、バスレフポートが

一体になっているので、

簡単に分解できます。

 

端子台とフロントバッフルのケーブルが短く、

取り回しにくいのが難点です。

吸音材は入っておらず、

最低限の鳴き止めのテープがところどころに貼ってある程度です。

また、ウーファーのマグネットの後面がエンクロージャーの

後面のリブに接する形になっています。

 

ネットワークは、L=0.41mH, C=1uFとなっていて、

S-ST05-LR取扱説明書にはクロスオーバー周波数は5KHzとありますが、

-6dB/Octで3kHz-20kHzまでオーバーラップしているようです。

エッジレス・スピーカーは、

2つのダンパーでボイスコイルを支えているようです。

 

ということで、とりあえず、天面、左面の上下、右面の上下、

5カ所に10mmのニードルフェルトを貼りました。

 

これだけでも、だいぶ聴きやすい感じになりました。

 

さらに手を加えるとすれば、

ツイーターの後ろの左右の空間に

3kHz 12dB/OctのHPF/LPFネットワークを

組み込む感じでしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください