スピーカーケーブルに音の焦点はあるのか

なぜか音の焦点は人気があるようなので、

考察してみます。

 

まず、考察の対象は手持ちのBelden 8470 5mです。

このケーブルの仕様は、

導体芯線: ETP高導電率錫メッキ銅撚線, 16AWG, 1.31SQ

なので、

導体構成表

よりAWG 16のすずめっき線の最大電気抵抗は、

14.1 Ohm/kmなので5mでは、

R=70.5 mOhmとなります。

 

また、手持ちのLCメーターで実測すると、

L=0.003 mH

C=4.19 uF

となります。

 

ケーブルの長さを切って音の焦点を調整していることから、

LR LPFのRを調整しているモデルとすると、

LRローパス・フィルタ数計算ツールより、

fc=3.74kHzを得ます。

 

つまり、可聴帯域のローパス・フィルターを調整しているので、

音の変化として知覚できます。

 

したがって、音の焦点は存在します。

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください