スピーカーユニットの最適設計

分割振動などスピーカーユニットの最適設計に関する情報をまとめておきます。

 

空気の粘性減衰がコーンスピーカの振動と音響特性に及ぼす影響に関する研究

スピーカ計測・評価技術 / 第2回 スピーカの表面振動と音の伝播

平面スピーカ

振動板の形状の影響に関する図を引用しておきます。

これらを踏まえると、

通常のマルチウェイの設計では、

振動板の素材と形状でほぼ決まる、

周波数特性の平坦な領域を見て、

クロスオーバー周波数と遮断特性を

選択することになります。

 

例えば、

ツイーターをソフトドーム(BC25SC55-04)、

ウーファーをハードドーム(GBS-135F25AL02-04)、

にして、2kHz 12db/Oct(2k-HPF-4, 2k-LPF-4)

でクロスするような感じです。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください