トランスミッションラインの最適設計

PMCのATLのカットモデルやスペックを見ていて、

気がついたことがあります。

twenty5.26iのエンクロージャー、高さは1.04mで、

カットモデルを見る限り、

ドライバ側とポート側の仕切り板を閉端と見なした場合の

トランスミッションラインの物理的な長さは、

約2.08mとなります。

ところが、スペックの有効ATL長さ(Effective ATL Length)は、

およそ1.5倍(高さの3倍)の3.3mとなっています。

これは、どういうことかと推測すると、

ドライバを閉端、ポートを開端とする直管と見なした場合の

有効長ということのようです。

思考実験としては、以下のような手順になります。

  1.  ドライバの位置をドライバ側の仕切り板の鏡像位置に展開する。
  2.  さらに、天板の鏡像位置に展開する。
  3. ポートの位置を仕切り板の鏡像位置に展開する。
  4. さらに、底版の鏡像位置に展開する。

この手順に基づいて、

曲がりを無視した1次元モデルで計算すると、

エンクロージャーの高さをhとした場合、

3hになることがわかります。

さらに、この設計モデルでは、

仕切り板と天板および底版の位置関係で、

定在波を比例分割できるため、

およそ1:2の位置にすると、

3, 5, 7倍の波長をアラインできるようです。

さらに、PMCの他のカットモデルの例をあげておきます。

ドライバだけオフセットしているモデル

ドライバとポートをオフセットして吸音材で長さを調整しているモデル

これは、試作して検証してみる価値がありそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください