VituixCADによるバスレフ・エンクロージャーのAuto Align

VituixCADEnclosure Tool のAuto Alignによる

バスレフ・エンクロージャーの設計例をまとめておきます。

また、こちらのリンクが参考になります。

VituixCADマニュアル~とりあえず動くからヨシ!~

Electroacoustic modelling of thesubwoofer enclosures

 

まず、Driverとして、CHR70v3を追加します。

また、Ql=3, Qa=100, Qp=100, Vent Diam=3.5cmとしています。

 

最初に、SC4(4次チェビシェフ)のAuto Alignです。

Box: Volume=27.6l, Fb=50.1Hz

Vent: Length=1.6cmとなりました。

60Hzまでほぼフラットで45Hz, -3dBまで、

群遅延が16msです。

比較的大きなエンクロージャーで、

板厚だけのポートで良さそうです。

 

つぎに、SBB4(4次バタワース)のAuto Alignです。

Box: Volume: 9.3l, Fb=65.4Hz

Vent: Length=4.6cmとなりました。

100Hzで+2dBほど盛り上がって50Hz, -3dBまで、

群遅延は9ms程度で、

インピーダンスのピークがそろっています。

 

最後に、試作したNC7ベースのエンクロージャーの設計例です。

Box: Volume: 8.82l, Fb=50.4Hz

Vent: Length=10.3cmとしました。

130Hzで+1dBほど盛り上がって、50Hz, -3dBまで、

群遅延は12.5msです。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください