バスレフポートの共振周波数と吸音材の厚み

バスレフスピーカーでは、

吸音材の厚みによってエンクロージャーの容積が減少するので、

バスレフポートの共振周波数は上昇します。

シミュレーションでは以下のような値になります。

共通:FF105WK(Fs=75Hz), WK10mFN, P43-123

吸音材なし:t=15mm, Vo=6.33L, Fd=67Hz

吸音材(EE-1010): t=20mm, Vo=5.31L, Fd=73Hz

吸音材(NF5093): t=25mm, Vo=4.39L, Fd=80Hz

実際の聴感としても、

吸音材の素材の違い(ニードルフェルト、エプトシーラー)による、

音質の変化(バスレフポートや振動板から漏れるエンクロージャー内の定在波など)

もありますが、

バスレフポートの共振周波数と群遅延の変化による影響の方が大きいようです。

 

特に容量の小さいエンクロージャーの場合、

吸音材の厚みおよび体積の影響が大きいので、

注意が必要です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください