バイオミメティクスとスピーカー

バスレフダクトの風切り音などを調べていて見つけた、

気になるリンクをまとめて起きます。

 

バスレフポートの風切り音や気柱共鳴に関しては、ディンプルやフレア以外にもいろいろなアプローチがあるようです。

ボルテックスジェネレータは自動車や飛行機での適用は一般的です。

バイオミメティクス技術開発第二弾、クジラのヒレから着想を得たボルテックスジェネレーターダクトを開発

流体音制御技術 Twisted Flare Port

AFAST: Acoustic Filter Assisted System Tuning

 

振動板やエンクロージャーの形状に関しては、このあたりが興味深いです。

世界初※、自然素材からヒントを得た高音質スピーカーバイオミメティクス振動板開発に成功~OEMや自社ブランドヘッドホン製品に展開~

HR(Hyperbolic Paraboloidal Rotation)STORY

Nautilus 究極のスピーカー

 

CFD(LES, DNS)やカルマン渦など、

流体力学や計算機シミュレーションはこちらが参考になります。

エアリード楽器および音響機器における大規模音響流体解析

FNの高校物理(2)波・音・光

石のスピーカーもいろいろありますが、普通に作ろうとすると重量と厚み、加工性がネックになります。

石のスピーカー製作記

石でできたスピーカー「Stones Speakers」-まさに”ロック!”

大谷石スピーカー

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください