D級アンプのゲート抵抗とブートストラップ

D級アンプのスイッチングノードは通常Nch MOSFETによるハーフブリッジ構成を取るため、

ローサイド(負の電源レール基準)とハイサイド(正の電源レール基準)の

MOSFETのゲート電圧の基準が異なるので、

それぞれに電源が必要になります。

 

通常、ハイサイドはブートストラップ回路(RCDによるフローティング電源)

を利用します。

 

動作としては、ローサイドがオンになっているときに、

ローサイド用の電源からコンデンサを充電して、

ハイサイドがオンになっているときは、

ダイオードでハイサイドからの逆流を防いでコンデンサから放電して、

ハイサイドのゲート駆動電流を供給する形になります。

 

この充電時と放電時に

ブートストラップ抵抗とゲート抵抗も関連するため、

注意が必要です。

 

また、オーディオ用途で、正負電源の構成にする場合、

ハイサイドの起動時の電圧がローサイドよりも高いため、

自励式では、ローサイドからオンするかどうか不明なので、

正側の電源レールから、抵抗とツェナーダイオードなどで、

ブートストラップ・コンデンサに初期電圧を与える必要があります。

 

オーディオ用途の場合、

ブートストラップダイオードの定格は、

耐圧(電源レール間の電圧およびハードスイッチングに伴うサージ電圧)と

スイッチング時間(デッドタイムに近い値)、

充電電流(抵抗と容量、スイッチング時間に依存)に注意が必要です。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください