RCDスナバ回路とアクティブクランプ回路の比較

SMPSの設計で、

1次側のスイッチのサージを吸収するために

RCDスナバ回路を適用しようとしても、

Rでの損失が大きすぎて実装が困難なケースがあります。

 

そこで、アクティブクランプ回路の出番なのですが、

なぜ、アクティブクランプ回路には抵抗がないのでしょうか?

 

それは、アクティブクランプ回路では、

コンデンサに蓄えた電荷を電源に回生することによって、

エネルギーを熱として捨てるのではなく、

保存しているからです。

 

以下のリンクを参考にあげておきます。

RCD Snubber vs Active Clamp

AN-4147 Design Guidelines for RCD Snubber of Flyback Converters

 

また、アクティブクランプ回路は、

メインスイッチに対してZVSで動作するため、

ノイズ対策も容易です。

Using Active Clamp Technologyto Maximize Efficiency in aTelecom Bus Converter

ハイサイドクランプ回路と

ローサイドクランプ回路の比較などは、

こちらが参考になります。

SLUA322 Active Clamp Transformer Reset: High Side or Low Side?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください