D級GaN MOSFETアンプ積分器用オペアンプの検討

当初、LT1363で試作したD級GaN MOSFETアンプですが、

ノイズとオフセットが大きいので、他の積分器用オペアンプを検討しました。

動作条件としては+-5Vで、2次のLPF(3.3kΩ/470pF, 200/220Ω,470pF)による反転増幅 (積分回路)で、1MHz程度の自励発振周波数、コンパレータへの出力には470pFをぶら下げています。

データシートのスペックではそれぞれ一長一短がありますが、

SPICEシミュレーションで挙動を比較した上で、

候補としてLT1220, LT1357, LT1122を選んで、試聴比較してみました。

LT1220は、ややおとなしい感じです。

LT1357は、高域が素晴らしいです。

LT1122は、低域が素晴らしいです。

好みや聴く音楽のジャンルにもよると思いますが、

LT1122がオフセットも小さい(実測値 0-0.1mV程度)ので、

おすすめです。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください