D級GaN MOSFETアンプのSPICEシミュレーション

IRS20594のSPICEモデルがdiyAudioにあったので、

TPH3206PSBでの自励発振の挙動をシミュレーションしてみました。

シミュレーションモデルでは、シュミットトリガでIRS20594に入力しています。

OCPはH/Lともにディスエイブルにしています。

また、スナバの代わりにアモビーズをH/Lのソースに入れています。

こちらは1KHzの正弦波の入力に対する過渡解析の様子です。

緑が出力電圧で、青がフィードバック、水色と赤が出力電流です。

 

自励発振の周波数は、ゲート抵抗の値に依存するようで、

180Ω以上にしないとIRS20594やIRS2092の動作周波数の上限、800kHz以下になりません。

また、あまり大きなゲート抵抗にすると貫通電流が発生するようです。

 

あと、スナバよりもアモビーズの方がボディダイオードの逆回復電流の抑制には効果が大きいようです。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください