D級GaN MOSFETアンプの基板設計

IRAUDAMP7D 25W-500W Scalable Output Power
Class D Audio Power Amplifier Reference Design
Using the IRS2092 Protected Digital Audio Driver,

AN-1138 IRS2092(S) Functional Description,

AN-0003 Printed Circuit Board Layout and Probing for GaN Power Switches

を参考にして、

IRS2092とTPH3206PSBによる

D級GaN MOSFETアンプの基板を設計しました。

IRS2092は

Board Layout Considerationsとして

以下の3つのグランドプレーンが必要なので、

ポリゴンの配置がやや複雑になります。

1. Analog Ground

2. Gate Driver Reference

3. Power Ground

 

また、TPH3206PSBは

2 LAYOUT CONSIDERATION IN A PFC BOARDとして

2.1 Power loop
2.2 Gate Loop/Gate Drive Circuit

によると、

ソースピンに対してゲートループとパワーループを分離する必要があるようです。

 

その他、バイパスコンデンサ、スナバ、ゾーベル、

LPFの配置にも注意を払う必要があります。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください