SiC MOSFETアンプの試作

SCT2450KEでの試作です。

回路図はこちら。

 

LT1166による準コンプリメンタリで、

ベースストッパーは100Ω、ゲートストッパーは120Ω、バイアスは1A, 出力段のバイパスコンデンサは1000uFとしています。

実際の試作機はこちら。

LT4320とFDH038AN08A1による理想ダイオード電源でならしています。

 

肝心の音の印象は、締まった低音と臨場感のある高音で、ややおとなしい感じです。

LT1364によるヘッドホンドライバで聴いている音の感じをややドライにした感じで、

音の見通しがよく、ソースの音がそのまま出てくる感じです。

ベースラインやコーラスが聞き取りやすいです。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください