低消費電力ヘッドホン・ドライバの検討

LTC6262によるBTLのヘッドホンドライバの回路図とTHDが出ています。
BTL出力なので、ステレオヘッドホン側の入力ケーブルをL/Rで分けるか、
L/RのBTL出力をカップリングコンデンサかトランスでグランドを共通化する必要があります。
携帯用途で電池の持ちが重要なら試してみる価値はあります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください