UHC MOSFETアンプのSPICEシミュレーション

FQH44N10の方がトランスコンダクタンスが大きく、

入力容量がやや小さく、

ターンオン時間とターンオフ時間の差が小さいですが、

SPICEモデルが提供されていないので、

OnSemi(Fairchild) FQH8N100CによるUHC MOSFETアンプのSPICEシミュレーションモデルを示します。

ゲイン(R9=9.31kΩ, 23dB)、フィードスルー(C2, C3=220pF) 、位相補償(R5=1.2kΩ, C5=4700pF)に設定しています。

周波数特性は91kHz、THD20=0.000759%となっています。

20kHz矩形波応答もまずまずです。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください