TPH3205WSBとTPH3205WSBQAの比較

車載用のGaN MOSFETしてTPH3205WSBQAがリリースされていますが、

TPH3205WSBとの比較で気が付いたことをまとめておきます。

 

 

オン抵抗(Rds(on))は、QAでは49mΩと3mΩ下がっていますが、

AB級オーディオアンプではあまり影響しません。

一方、伝達特性の温度係数をみると、

ZTCは4V, 60Aとなって、元の3V, 25Aよりも、

傾きが60/(4-2.1)=31.6Sとなって25/(3-2.1)=27.8Sからやや増えていますが、

150℃, 3V, 20Aで20/(3-2.1)=22.2Sと立ち上がりはやや押さえられています。

 

出力容量(Coss)は、135pFと20pF増えていますが、

Vds=50V, 100Vの値は、400pF, 300pFと100pF下がっています。

帰還容量(Crss)は、23pFと全体的に4pF増えています。

 

ターンオン時間(td(on)+tr)とターンオフ時間(td(off)+tf)は、43.6(36+7.6)ns, 48.6(49+8.6)nsとなって、

元の29.5(22+7.5)ns, 37.5(33+4.5)nsに比べて、ばらつきが減っています。

 

逆電圧(Vsd)の最大値は変わらず2.1Vですが、逆回復時間(trr)が40nsと10ns増えていて、

これはターンオフ時間に見合った値になっています。

 

以上の考察から結論として、オーディオパワーアンプ用途には、

TPH3205WSBQAの方が、熱安定性が高く、ミラー容量が少なく、貫通電流が少なくなる点で、

TPH3205WSBよりも適していると考えられます。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください