オーディオパワーアンプ用MOSFETの選択

オーディオパワーアンプにMOSFETを用いる場合、

熱安定性を考慮するとバイアスは1A前後がかけられるSOAと

PD 100W程度、Vds 100V, ZTCが6A程度のものが扱いやすいのですが、

SiC MOSFETやUHC MOSFETの中から見つけるのは大変です。

 

ここでは、Rohm SCT2450KEFarichild FQH44N10をあげておきます。

それぞれ、バイアスはSCT2450KEで800mA、FQH44N10で1.33Aで良さそうです。

 

SCT2450KEは、入力容量(Ciss)が463pFと低めですが、

トランスコンダクタンス(gfs)が1Sしかないため、

歪率はTHD20 = 0.02%程度になりそうです。

 

FQH44N10は、Ciss = 1800pFと大きめですが、

gfs = 31Sと非常に大きいため、

歪率はTHD20 = 0.008%程度になりそうです。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください