多層空芯コイルの設計

スピーカー及びケーブルの容量性負荷の影響を避けるために、

オーディオ・パワーアンプの出力にアイソレーターとして

1uHのコイルと10Ωの抵抗を並列に接続しています。

 

このコイルには歪みを避けるために空芯コイルが使われますが、

単純な一層のソレノイドの例が多いようです。

 

調べたところ、

多層の空芯コイルの最適設計の例として、

Brooks Coilがあります。

 

実際には、ボビンの寸法と銅線の太さで巻数が決まってくるので、
なかなか面倒です。

EPCOS Databook 2013: Ferrites and Accessoriesより引用

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください