高速オペアンプの基板レイアウト

High Frequency Amplifier Evaluation Board – Design Note 50
を読んでいて、気が付いたことをまとめておきます。

Ground Plane Voids:
Certain components and circuit nodes are very sensitive to stray capacitance.
Two good examples are the summing node of the op amp and the
feedback resistor.
Voids are put in the ground plane in these areas to reduce stray ground capacitance.

グランドプレーンを取り除く:
オペアンプのサミングノードと帰還抵抗は寄生容量に対して非常に敏感なので、
これらの領域はグランドプレーンを取り除いて、寄生容量の影響を削減する。

Separation of Input and Output Grounds:
Even though the ground plane exhibits a low impedance, input and output grounds are still separated.
For example, the termination resistors (R3 and R7)
and the gain-setting resistor (R1) are grounded in the vicinity of the input connector.
Supply bypass capacitors (C1, C2, C4, C5, C7, C8, C9, and C10)
are returned to ground in the vicinity of the output connectors.

入力と出力のグランドの分離:
終端抵抗とゲイン設定抵抗は入力コネクターの近くにグランドを取る。
電源バイパスコンデンサは出力コネクタの近くにグランドを取る。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください