理想ダイオード電源用MOSFETの選定

オーディオアンプに利用するために、
TO-247パッケージでVdsが50V以上のMOSFETから
低オン抵抗で入力容量が小さくSOAが十分広いものを探すと、
FairchildのUltraFETかPowerTrenchのシリーズが見つかります。

どちらのシリーズも同期整流に使えるのですが、
UltraFETがDC/DC用(スイッチングレギュレータの周波数:100-400kHzが中心)で、
PowerTrenchがAC/DC用(商用電源の周波数:50/60Hz)といった感じのようです。

なので、理想ダイオード正負電源には、
FDH5500_F085(N-ch UltraFET Power MOSFET, 55V, 75A, 7mΩ)
FDH038AN08A1(N-ch PowerTrench MOSFET, 75V, 80A, 3.8mΩ)
が良さそうですが、
GaN MOSFETアンプでは、FDH038AN08A1を採用します。

一方で、UHC MOSFETアンプのパワー段には、
HUF75639G3(N-Channel UltraFET Power MOSFET 100 V, 56 A, 25 mΩ)
を採用します。(オーディオアンプのパワー段は0dB@1MHz程度)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください