SiC MOSFETがオーディオアンプに使いにくい理由

ロームのSiCパワーデバイス・モジュール アプリケーションノート

読んでいて気が付いた点をまとめておきます。

 

SiC MOSFETの特徴として、
プレーナー型であるというのがあります。
おそらく、これがオーディオアンプに応用した場合の
・豊かな音響表現
という特徴につながっていると思われます。

 

しかしながら、600V未満の耐圧ではSiに対して
メリットの小さい領域とあります。

しかも駆動ゲート電圧が13V以下では、
熱暴走の可能性があるので使用するなとあります。

 

また、オーディオアンプでは、

ゲート閾値電圧から飽和電圧までを
ゲインに応じてリニアに使うので、

余分な電源電圧が必要になります。

 

あと、ゲート容量とオン抵抗も

オーディオ用途としては、
決して小さくありません。

 

トレンチ構造のSiC MOSFETも開発されているようですが、
オーディオ用途としては、

プレーナー型とは音が変わってくるはずです。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください