誰も聴いたことのない音を作る

なぜオーディオアンプを作るの?とか、
アンプを作って何になるの?とか
よくきかれます。

 

究極的には、アンプを実際に作ってみて、

誰も聴いたことのない音を、聴いてみたいという、

欲求充足行為だと自分では認識しています。

 

あらゆる趣味や道楽は、このあたりの、

好きとか面白いとか、製作の達成感とか、

そういった感情に基づいていると思います。

 

なので、結局の所、

オーディオアンプを作るということは、

自分の聴きたい音を聴くための道具を作っている

ということになります。

 

もちろん、既製品で満足できれば、

わざわざ自分で設計して製作するということはしません。

 

この、既製品で満足できないというのは、

いったいどういうことでしょうか?

 

この満足という感情は、

普通の人は音の好みや見た目、値段で決まるのでしょうが、

どうやらオーディオマニアや自作する人は、

それだけでは決まらないようです。

 

いわゆる、こだわりというものが満たされる必要があります。

 

ブランドにこだわる人、

値段にこだわる人、

部品にこだわる人、

増幅方式にこだわる人など、

実にさまざまです。

 

このように考えていくと、

自作する人に取っては、

実現したい設計思想が最も重要だということに行き着きます。

 

なので、実際の設計や製作に採用した案だけでなく、

採用しなかった理由や設計時に考慮した内容にも、

別の機会や他の人に取っては価値があると考えます。

 

実際、いろいろな設計事例や製作記事などを調べているときにも、

これらの周辺情報はかなり読み込んでいて、

自分自身の設計思想に影響を及ぼしています。

 

そこで、設計や製作の合間に考えていることも、

設計思想として公開していきます。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください