UHC MOSFETアンプのラックマウントケースの加工図面

UHC MOSFETアンプのラックマウントケースの加工図面を作成しました。

hyr88-43-23-amp

タカチのHYR88-43-23ですが、

奥行きが23cmしかないので、

アンプの基板を両サイドのヒートシンクの上に移動して、

トロイダルトランスは重いので真ん中に配置しています。

また、配線が天板に干渉するので、

アンプの基板のターミナルブロックも横型のものに変更しています。

重量はHY88-43-33の3.6 kgに対して、

HYR88-43-23は2.8 kgなので、

20%ほど軽くなります。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください