SiC SBD正負電源の回路設計

比較のためにSiC SBDによる正負電源のシミュレーションも載せておきます。

LTspiceで回路図を起こします。

SCS106AGはすでにディスコンなので、

SCS206AGのSPICEモデルをロームのサイトから持ってきています。

psusiscsbdasc

余計な部分はいろいろな実験の後なので無視して下さい。

次に過渡分析の結果を示します。

psusicsbdraw

SCS206AGのSPICEモデルがよくないのか、

100msまでしかシミュレーションできません。

 

SCS206AGは、スイッチング時間が12 ns、

容量性電荷が9 nCとなっていて、

SCS106AGよりも性能が向上しています。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください