SiC SBDによる正負電源の基板設計

SiC SBDの基板設計も参考までに載せておきます。

EAGLEの回路図はこんな感じです。

rectifiersicsbdsch

2回路のトランスを外付けにする構成です。

正負両方にダイオードブリッジを構成しています。

また、平滑用のコンデンサの他に、パスコンをダイオードと出力端子につけています。

 

アートワークはこんな感じです。

rectifiersicsbdbrd

ヒートシンクの間隔の調整やベタパターンをする前ですが、

ユニバーサル基板で組んでも良いと思います。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください