理想ダイオード正負電源の回路設計

理想ダイオード・ブリッジ・コントローラでLT4320というのがあります。

これを2個使ってSiC MOS FETアンプの+-50Vの電源を作ろうと思います。

スイッチング用のMOS FETはFDP027N08Bが良さそうです。

まずは、LTspiceで回路図を作成。

IdealDiodeBridgeAsc

過渡分析の結果はこんな感じです。

IdealDiodeBridgeTrans

オン抵抗が2.7 mΩで発熱がSiC SBDよりも一桁小さいので、ヒートシンクも要らない感じです。

また、順方向電流の定格が223Aもあるので、突入電流(平滑用コンデンサ60,000 uFで21A程度ある)が問題にならないのがすばらしいです。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください